節約はじめてみませんか

2019年7月6日

こんにちは。


突然ですが、皆様、節約ってどれぐらい意識されてますか?


私はごく平均的なサラリーマンで、メインの仕事1本しかやっていません。
少しだけ英語が得意なほかは、特殊なスキルや資格もなければ、職歴も業界もMIX。無形物の営業以外に特化したものは特にありません。【器用貧乏】というのが一番しっくりくる仕事をしています。


世間では老後2,000万円問題なんかで騒がしいですが、金額の多寡ではなく、将来お金に困りたくないなぁ、、というのがホンネ。
ちなみに現職は退職金はゼロ。これまでいくつかの仕事をしてきましたが、退職金って出る会社のほうが少ない。


あの試算では、夫婦2人の家計支出が月に26.3万円。
現状普通に生活するだけなら月15万でなんとかなってますが、医療費とかかかりだしたらどうでしょうね。。


今35才。
老後の安心のためには「節約」と「貯蓄」の2つをコツコツやっていかないと。
できれば収入の柱も増やしたいけど、それはもっと努力が必要。


節約



Twitterなどで拝見する、手軽にできる節約。
ムダ遣いしないだけではなくて、毎月かかる固定費を削減する。
固定費って怖いもんで、月々勝手に口座から引き落とされたり、仕方ない出費って考えてしまい、思考停止で大きな金額を垂れ流してしまうのがよくない。

コンビニで1万円使うのは抵抗あっても、携帯代に1万円かかるのは抵抗少ないと感じるのでは。少ないと感じてたらアウトなんですが。。。


1 格安SIMの利用
2 保険の見直し
3 家賃と家の見直し
4 電気&ガスのおまとめ
5 節税(ideco、NISA、ふるさと納税、自分の積立)


このあたり見直すだけでもだいぶ変わります。

1 格安SIMの利用


私は今、楽天モバイルを使って2年を超えたところです。
月々の支払いは約3,000円。月々の楽天ポイント(しかも寿命の短い「期間限定ポイント」)を支払いに充てられる。お金としての支払いはほぼゼロ。
今はポイント投資もしてるので足りなくなりますが、ポイント投資はじめるまでは、半年以上携帯代の請求でゼロが続く事態に笑

2 保険の見直し

保険って高いですよね。
安心を買うためなので入ること自体は否定しないですが、ライフステージに合わせた掛け金と保障内容かは見極めないともったいない。
極端な話、1人っ子の一人暮らし、親は十分な貯蓄で悠々自適に暮らしてるのに、高い死亡保障のついてる保険に入る意味は無い。誰のためにお金残すねん、と。


では病気になったらどうするという話ですが、日本の医療保険・雇用保険制度は優秀で、高額療養費制度や傷病手当金が助けてくれたりする(保険対象外の先端医療を受けたかったり、病院は豪華な個室が良い方などは別)。
ある程度の社会保障がある以上、ゼロベースではなく、その保証内容を踏まえて「足りないところを補う保険」にしたほうが効率いいですよね。


この点保険屋任せにするとカモになるだけなので、まず自分で考えること。
私は現状共済保険のみですが、保険屋に共済はボロクソに否定され、死亡や入院保障の超充実した保険をゴリ推されました。
家族も親もおらんのに誰のための死亡保障やねん。。。

3 家賃と家の見直し

収入の1/3以下に抑えましょうとよく言われますが、こればっかりは仕事してる場所によるので仕方なく高い家賃を払わざるを得ない人もいるはず。

毎月絶対かかるし、決して安い金額ではない固定費。
そして安さだけを追求するととんでもない物件にあたる場合もある。
身の丈にあってるか、生活にあってるか、もったいないと思うかどうか。

例えば本人がインドア派、家でゲーム実況が趣味とかなら、防音のしっかりした高めの物件でもいいんじゃないかなぁと。
対して、寝に帰るだけの場所で、週末もほとんど家にいないなら最低限の物件でええと思います。

更新料有無、カードで支払えるかは選ぶポイントになるかも。
カード支払いできるならポイント貯まるし。

4 電気&ガスのおまとめ

よくCMでもみかけるこれ。
私も最初はめんどくさそうとか、手間に見合うほどトクになるんかとか思ってたけど、まずはシミュレーションしてみるのがいいかもです。


https://enechange.jp/


最初に言っておくと、鬼のように安くなるわけではないです。
それでも毎月絶対かかってくるお金。いろんな物を少しずつ見直し、積もり積もって大きくなるのが節約。実際にやってみると手続きはほぼネットで完了するので、拍子抜けするほど簡単にできます。
特に費用も必要なし。
電気やガスの請求書とかに書かれてる供給番号みたいなんがいるので、それだけとっておくか、問い合わせればOK。


どこの会社にまとめるかは、使ってる量や使ってる場所にもよります。
私は【関電ガス】が一番安かった。キャンペーンなどやってる場合もあるので、楽しみながら自分にあうものを探して、おトクを始めてみてください。

5 節税(ideco、NISA、自分の積立)


基本的に、
税金は、黙ってれば自分が該当するモノのうち、一番高いものを払うことになります。
あと、払いすぎたものは返ってこないと考えるのがベター。
(払ってないと鬼のような取り立てに合いますが)


ちゃんと調べて手続きすることで、合法に節税やおトクを味わうことができます。

長くなるので詳細は別に書きますが、たとえば【ふるさと納税】。
節税ではなく、おトクのカテゴリになりますが、、、笑

もうだいぶ有名になりましたね。平成30年度で300万人が利用したそうです。
https://tax.mykomon.com/daily_contents_42256.html
(それでもたった300万人か、、、というイメージ、、、)


普通に住んでる市町村に納税した場合はそれで終わり。何ももらえない
一方、他市町村に納税したら、特産品のお肉やフルーツなどお礼の品がもらえます。
何かもらえるならもらったほうがどう考えてもトクですよね。


私自身も3年前まではめんどくさそう、わけわからん、と思い調べることすらしてなかったです。
それを後悔するぐらい、ココ最近もらいまくってました 笑
・もも3kg
・さくらんぼ1kg
・干物の詰め合わせ
・ビール1ケース
・ワイン7本
・お肉4kg
・メロン2玉とお米5kg

地元にただ納税したらなんにももらえませんよ!
地元の役所の方の勤勉手当(ボーナス)になるぐらいでしょうか。

まとめ

いかがでしょう。

めんどだなあと見ないふりをするか、ひとつずつ見直すか。
節約はチリツモです。小さな節約を積み重ね、同時にオトクを狙いに行く。

収入が爆増わけではない昨今。
手の上にあるものでなんとか工夫して行くのが賢い生き方かなぁと思います。

そしてあくまでも楽しみながら、学びながら。
お金のことは私も勉強中です。超ひよっこで、こんなところで偉そうに語るレベルにも全く至ってません。日々、先輩がたのツイーツやブログを読んで、目からウロコを垂れ流してます笑

私も諸先輩方に少しでも近づけるように、自分なりにできることをストレスのない範囲でやっていきます。もし一緒にやってみたいなぁと思ってくれた方が少しでもいらっしゃれば嬉しいです。

またご存知のお得情報や、試していることなどもシェアいただければ幸いです!




節約

Posted by nyurifu